誇りを持つことで、人は輝き、生きる力になる

誇りを持つことで、人は輝き、生きる力になる

予定は未定です
が、今現在考えている、僕の「したいこと」社会に向けて発信したいことを書きます。

「できることはなんだろう??」という考えから、「したいことをできるようになるにはどうしようか」という考えに変化してきました。
そうすると、単純にワクワクします。
これぞ、「ひたすら加点方式」です。
「ひたすら加点方式」についてはまた今度

さて。
僕が何をしたいかを、こうやって発信することには意味があります。
本気で応援したい人がいるからです。もっと言うと、社会を応援したいです。
(ソーシャル、といったほうがなんとなくピンときます なんででしょ?)

「誇りを持つことで、人は輝き、生きる力になる」
これが、最近のホットワード。

そしてもう一つ。
「自分に誇りを持つからこそ、他者を尊ぶことができる」
これも、今の自分の重要ワードです。

個々の特性を尊重し、それぞれが得意なことを活かし合うことができ、
そして、
ひとりひとりが、自らに誇りを持ってのびのびと生きる社会
を目指して活動したい。

「何を大きなことを」と思った、そこのあなた。
そう、あなたです。||ω
僕はやります。改革を起こすつもりはないです。身近なところから、目指します。

もう少し具体的に言葉にしてみます。

実存的コーチングで、想い・魅力を共に探索。
デザインの力を加え想い伝わる形
そして誇りを持ち続けてそれぞれの形で自己実現や活動をしていく継続的な応援。

こんなことを、考えています。

これ、一見すると「自分探し」を応援する活動に思えるかもしれません。
しかし少し考えてみてください。
「誇りや自信・想いがあり、それを表現できる」
それは、ビジネスでもすごく重要なことだと思いませんか?

次回の更新は、もう少し具体的に。「何をするのか」を書く予定でいます。

=====
想い伝わる形にする じぶん探索デザイナー()
檜尾ぴの

クレド(理念と信条)カテゴリの最新記事